安全第一の職場文化向上へ

弊社ホームページのBlogコーナーにお立ち寄り下さりありがとうございます。

9月になりましたね。9月になるといつも思い出すのが9月1日「防災の日」(広く国民が台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深めこれに対処する心構えを準備することとし制定された啓発日:1923年に起きた関東大震災の発生日にちなんで制定)です。(私の生まれ育った山梨県では毎年9月1日に各学校・各施設等で避難訓練が徹底して行われており、幼少期の頃から定期的に防災意識を高める機会を与えてもらえたことに今でもとても感謝しています)弊社アルベマールも製造業の会社として、またグローバルにビジネスを展開する多国籍企業として、常に「安全第一」を念頭に置き日々活動しています。アルベマール日本チームとしてオフィスのあるビルの避難訓練への積極参加、自然災害等の危険が予見される時・または起こった時のための緊急連絡手段の確保&日頃からの活用、通勤・移動に危険が伴う際には無理して出社や出張をせずに自宅勤務を推奨する文化の推進など、ハード面の整備&職場文化形成の両面に日々注力をしています。また8月の後半には研修イベントとして、アルベマール日本チームの家族や子どもたちも一緒に参加して、東京消防庁本所防災館にて防災体験を行いました。AEDトレーニング、消火体験、大地震(震度7!)体験などを実際にみんなで体験してきました。「大きな揺れ」や「暗闇の中での避難」を実際に体験できたのは我々にとって貴重な経験になりました。

【消火体験!】

「安全」に関する意識やいざという時にどのように行動するかは一回の座学で得られるものではなく、日頃の行動の積み重ねや繰り返しの訓練等で培われる部分がとても大きいと思っておりますので、これからもアルベマール日本チーム全体としてこういった研修イベントの開催や、日々の活動において「安全なくして企業繁栄なし」の精神を実際の行動に移していくことでこれからも高めていきたいと思います。

2018年9月 Hide